東久留米 住宅用火災警報器  Q&A    

Q、いつまでに設置するの?
 A、すでに居住している住宅は H22年 4月1日から義務となりました。
    新築、改築する住宅は、  H16年10月1日から義務となりました。


Q、熱式と煙式はどう違うの?

A、熱式は室温が設定温度以上になると警報音が鳴ります。
  煙式は煙によってセンサーが遮られることによって警報音が鳴ります。


Q、設置場所によって熱式と煙式を分けたほうがいいの?

 A、台所は火元になりやすいので熱式を、
   居室や寝室、階段は煙式を推奨しています。


Q、10年保証があるって書いてあるけど・・・・?

 A、セコムの住宅用火災警報器は24時間365日、
   セコムカスタマーサービスにて保証されています。
    万が一、動作不良や不明瞭な点があれば
   保証書に記載のセコムカスタマーセンターへご連絡ください。
    なお、製品についてのお問い合わせは当社ではお受けでき兼ねます。
    セコムへ直接ご連絡いただけますようお願い致します。


Q、販売店はほかにもあるの?

 A、東久留米市では「東久留米住宅用火災警報器販売店協議会」という
   団体に所属している企業より安心してご購入いただけます。
    取扱商品は各企業により異なります。


Q
、取り付けは自分でできるかしら・・・?

 A、女性でもプラスドライバーがあれば取付可能です。
    但し、天井もしくは壁の天井付近まで届かない場合や
    天井も天井付近の壁もコンクリートなどで
    ドライバーでは設置が難しい場合などはご相談ください。


Q、10年の保証期間が切れた警報器はどうすればいいの?

 A、保障期間の切れた警報器は電池の入れ替えはできません。
    新しい住宅用火災警報器をお求め下さい。
    古くなった警報器は当社までお持ちいただければ無料で廃棄いたします。

戻る